事故時の対応とは

2019-09-06

もし私達が事故に遭ってしまった場合、または誰かを事故に巻き込んでしまった場合、真っ先に取らなければならない行動としては、『警察に連絡する』こと、そしてけが人がいる場合、『救護すること』、『救急車を呼ぶこと』などの行動を取らなければなりません。

そうすることによって、私達は事故時の義務を果たすことになります。もし加害者側だとして、けが人の救護をしないのであれば、義務を果たしていないことになり、『ひき逃げ』として、罪が重くなる場合があります。そういった場合にも、パニックにならずに対応することが必要です。

事故として届け出をした後は、保険会社等との交渉があります。

それは、いわゆる「慰謝料」とも関係してくることです。被害者側は、この時どのような対応をするかによって、正当な慰謝料を受け取ることができるかどうかが決まると言っても良いでしょう。

私達はそういった事故時の対応を、全て自分で行う事もできます。しかしその場合、正当な慰謝料を受けられないことがあります。そこで弁護士に依頼することにより、自分で行動するよりも多くの慰謝料を受け取れる可能性が高くなります。

これは、過去の例からも分かることで、かなりの金額の差があります。

ですが、実際に弁護士へ依頼するとどのくらいの費用がかかるのかはっきりとは分からないものです。不安であれば、まずは無料相談などを受付ている法律事務所などに一度電話してみるのも良いでしょう。

交通事故と被害、示談